に投稿 コメントを残す

【Woocommerce開発秘話】wordpressを入れました ~自分不器用ですから~【第4話】

wordpressの環境構築

そんなわけで、wordpressをインストールする環境を構築します。

サーバーはAWSで、バランシングとオートスケールを入れて、SSLの証明書もAWSの無料のものを使いました。RDSでMYSQLも立ててます。AWSのElasticBeanstalkを使うと環境が一括でできて便利です。
(当ブログはゴリゴリのエンジニアを対象としております。)

とはいえとはいえ、上の説明じゃわからない人にもWordpressやWoocommerceへの興味は持ってもらいたいので、ちゃんと丁寧に説明するページ作ります。約束です。

ほら、リンク予定地作っておきます。(色と下線つけてそれっぽくしとこう。うひひ)

wordpressの環境構築方法

クリックしても何もおきません。
いつの日かちゃんとページ作ってリンクしておきます。いつの日か。

wordpressを入れよう

wordpressをいれるわけですが、やはり最近のシステムはよくできています。
DBやPHPなどの準備は最初に必要ではありますが、環境が整えばそれこそボタン一つで…

すぽーん!

wordpressが入りました。それこそ一瞬です。
DBにもテーブルなどが自動で構築されています。そりゃ流行るわけです。
これが無料ですもんね(wordpressはオープンソースという誰でも改造ができるようにソースが公開されています)

こういう高機能で無料のものを見るたびに、自分の器の小ささを痛感します。

どなたが作ったのかお顔を存じませんが、あなたのお心遣い尊敬いたします。
ありがたく使わせていただきます。本当にお地蔵様でした。

 
 

管理画面使いづれー!
 

なんだこのアメリカンな自由感は。ダッシュボード一つとっても、コンテンツが付箋みたいに自由に場所変えてペチョれるし。なんかお洒落な感じが鼻につく。

いきなり始めてみようってとこに「サイトをカスタマイズ」ってあるし。
あなたは買った家をいきなりリフォームすすめるんですか。ああそうですか。欧米ですか。

いきなりこんな一杯情報与えられてもわかりません。
自分不器用ですから。(感想には個人差があります)

使いづらいと思いきや・・・

最初自由すぎて、やめたくなりましたがひとまず触ってみます。
wordpressは基本ブログを投稿するシステムですので情報を発信してみます。

投稿メニューから新規登録を選択します。ぽち。

「お、こいつ…動くぞ」(あたりまえです)

ちょっと触ってみてわかりました。日本のサービスにはない感覚。
言葉では言い表しにくいんですが、直観的なんですね。形式から入らないというか、真理重視。

ここにあったほうがいいから付けました。的な。
この方がわかりやすいからそうしました。的な。
腹が減ったからハンバーガー食べました。的な。

例えば、ブログにカテゴリをつけられるんですが、始めてブログを書くときに気づくんですね。あ、カテゴリ登録してないと。

そうすると、カテゴリマスタも別であるんですけども、もうそこのブログのとこから「新しいカテゴリを追加」ってボタンがあって追加できてしまうんです。そこにあることが当たり前かのように。

マスタ登録画面に移行するんじゃなくて、ブログから登録できてしまう。
この機能一つとっても、あ、こいつはやべぇなと。

ポロリ(目から鱗)

やっぱり私のブログもどんな人にでも見てもらえるように書いていきたいと思います。
はぁ。今日もWoocommerceにたどりつかなかったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です